Laboratory
ラボ型開発
ラボ型開発とは
システムの開発は、非常に多くの費用がかかります。 そのため、これまでにもコスト削減のために多様な取り組みがおこなわれてきました。 その中で効果的な取り組みのひとつがオフショア開発です。 しかし海外での開発は、品質や仕様の理解、進捗管理などに対する不安もあります。 その不安を解消するための開発手法がラボ型開発です。
ラボ型開発を選ぶ理由
ラボ型開発は、一定期間、一定要員を確保する契約形態の開発手法です。 通常の請負契約では、仕様の変更が容易でないため事前に適切な要件定義が必要となります。そのため、実際に開発に着手するまでに多くの時間を費やすことになります。当然、その時間分のコストも発生します。 ラボ型開発では、このような手順を省略することもできるため、自社の開発チームのように即座に開発に着手することができます。また、あらかじめ決められた期間内であれば、仕様の変更などにも対応できるため、ニーズに合ったシステム開発が可能です。
ラボ型開発の特徴
専門性
一定期間、一定要員を確保することで、お客様専属の開発チーム体制が整えられ、ノウハウを蓄えることが可能です。
柔軟性
通常の請負契約では好まれない要件や仕様の変更が頻発しても、臨機応変に対応することが可能です。
即時性
一時的な増員や開発チームのリソースを自由に使えるため、お客さまのニーズに即座に対応することが可能です。
ラボ型開発の流れ
Step 1.
 お問合せ
まずはご相談、お問合せからスタート。
「こんなことを実現したいけどできますか?」
「何から手を付ければよいのかわからないから教えてほしい。」
どんなことでも構いません。お気軽にご相談ください。
Step 2.
 ヒアリング
日本国内のスタッフと日本語でお打ち合わせをおこない、お客さまのご要望をヒアリング。
お客さまのニーズに対応したチーム体制・期間・費用をご提案いたします。
Step 3.
 ご契約
ご提案内容に問題がなければ、システム開発業務準委任契約を締結。
株式会社プレジデントワンとすべて日本語でのご契約となりますのでご安心ください。
Step 4.
 開発・検収
ラボ型オフショア開発がスタートします。
お客さまと日本国内のスタッフ(BSE:ブリッジSE)が頻繁にコミュニケーションをはかりながら、短期間で開発・検収のサイクルを進めます。
Step 4-1.
指示
BSEがお客さまからの指示を受け、現地開発チームをコントロールし、開発作業をおこないます。
Step 4-2.
コーディング
現地メンバーがコーディング、テストをおこないます。
Step 4-3.
進捗確認
各種ツールを利用し、お客さまと進捗状況を共有しながら開発作業を進めます。
Step 4-4.
検収
いったん日本国内でシステムを受け入れ、検証作業をおこない品質を確保したうえでお客さまに納品いたします。
お客さまは検収をおこない、BSEに修正や変更の指示を出します。
Step 5.
 契約期間終了
ラボ型開発を継続するかを検討し、継続しない場合はご希望により保守契約を締結します。
Step 6.
 保守・管理
保守契約に基づき、株式会社プレジデントワンが責任を持って保守いたします。
まずはお問合せください
お問合せはコチラ